メンタル

2023年もまだまだチャットレディ業界で生きていく

お疲れ様です。
今日は12月30日。
もう2022年が終わろうとしているころ。
日本酒を片手に更新しております。

まず今年1年お疲れ様でした。

私もあなたも、お疲れ様!

2022年を過ごして思うことだけどね。
やっぱり私自身はチャットで一生生きていくことは不可能だと思ってます。
それが可能、もしくはいくつになってもチャットレディをやるぞ!って思っている方は、冷静にそのような準備をされているのだろうと思います。

人にはそれぞれ生き方があるので、何が正しくて何が間違いという話ではありませんよ。

私が一生チャットレディで食べていけないと感じる理由ね。
・病みやすい
・お客様の言動に一喜一憂する
・自信がない
・容姿劣化

このような理由からです。

いつも「辞めたーい」って思ってます。

チャット代理店業務も継続しています。
ですが、私自身がこのような気持ちでいる以上、所属の女の子にも

「ま。いつまでも続ける仕事じゃないしな」

っていう気持ちが前提になってしまうんですね。

これ自体は悪いことではないと思ってて。

目先、今日、今週、今月。の利益も大事です。
でもそうやって、「今の稼ぎ」に注視して生きていくことができないのですよ私は。
なぜなら病みやすいからね。

病んで、辞めたいって思って、しかもいつでも辞めることができる仕事。
クレームがこない範囲で、手を抜いても、適当にしても、叱られることはないでしょう。

でも、そんな行いが未来の自分の稼ぎに直結する仕事である以上、この病みやすいメンタルでは戦い続けることって難しいと思ってます。(繰り返すけど、私は、って話ですよ)

だからこそ、今の仕事。
チャットレディという仕事を本気で取り組んで、稼ぎではなく「学び」に変える代理店を私は作りたいと思ってます。

2023年の目標です。

今年もお疲れ様!

来年も頑張ろうね。