困った客

チャットレディで稼ぐなら嫌なお客を同じ人間と思うな

  

高収入アルバイトなら【LoveChat】

今日まで散々書いてきた持論「お客様も人間です」「人として接することで云々…」と全く逆なことを言い出した私を心配する読者様もいらっしゃるかもしれませんが、ご心配なく。正常です。

むしろ私が心配しています。チャットレディさん。自分の心は守れていますか?

嫌なお客に出会った時はこうしようっていうのが経験則的としてチャットレディさん自身の中にあると思います。

チャットレディを続けていこうと思っているなら自分と合わなかったり、不愉快な気持ちになるお客がくることを私たちは拒めません。だからその経験則を元に対処をできるようになるのですね。

でもその場をさばくことができても心は疲弊しているはず。

最初は小さくてもストレスの蓄積は身体に良くない上に、本当に大事にするべき、「人として接するべき」お客様との接客にも影響がでてしまいます。

そうならないためにも、一番大事にするのは間違いなくチャットレディさん本人です。

 

チャットレディは嫌なお客にまともに接客しなくていい

チャットレディの仕事をしていて出会う全てのお客に、ニコニコして我慢して、嫌なことを受け入れる必要はないです。

逆上嫉妬客(四コマ)

お客様だ、お金を払ってるだ、そんなクソみたいな言い分が成立するのでしょうか?

くわえて所属代理店から「でもまぁその分の高い報酬だからね」とか「そうやって言われてる間もチャリンでしょ」という、女性の心を微塵も大切にしていない暴論。

私たちは高い報酬をいただく代わりに、何をされても何を言われても我慢しないといけないのでしょうか?言い返したくても笑って我慢、悲しくなっても涙をこらえて接客続行しなくてはいけないのでしょうか?

我慢代という昭和の古い概念

そもそも高い報酬って何ですかね。みなさん、嫌な客に我慢してでも納得できるだけの報酬を手にしてますか?

我慢をして稼ぐためにチャットレディになったんじゃないです。この働き方が今の自分に合ってるから、だからチャットレディをしているんですよね。

その中で、それぞれが工夫して頑張ってお客様に喜んでいただいた結果の報酬であって、我慢した結果の報酬だというのであればもっと分給あげてもらわないと割に合いませんよ。

じゃぁチャットレディを辞めればいいじゃないかと言う人もいますが、嫌だから辞めるというのは手段であって、解決方法ではないです。

チャットが終了すれば全て終わり?

お金と完全に割り切って働くことができるチャットレディさんもいると思います。

でも、自分がそうなれないからって悲観することはないです。

私は9年もチャットレディを続けつつ月収100万稼いでいるけど割り切れません。実は、昨年の私の話ですが、チャット終了後に声を荒げて泣いた日があります。
怒ったり落ち込むことはあっても、そもそも泣くこと自体がないタイプの人間なので、相当キモかったんですね。人がキモくて号泣するって普通に生きてて経験しますかね。

長くやってる=慣れている、それなりの収入がある。これらは関係ないってことです。

チャットが終了すればそれで終わり、気持ちを切り替えて明日も頑張ろうなんて、あり得ません。

正確にはそれができる人がいて、できない人もいるだけの話です。

自分の心を壊すなんてあってはいけないです。

頭のおかしいお客に対してまともに接客しないでいい。そんなのに取り合わなくても、いいお客様、普通のお客様、少しわがままだけど許容できるレベルのお客様は確実にいらっしゃります

 

チャットレディとしてではなく人として理解できないお客は存在する

インターネットで匿名性が高い世界というのは、人間の汚い部分が簡単に出てしまう世界ですよ。

私生活できちんとされているけど、ライブチャットだからチャットレディを人として扱わないというお客もいるでしょう。

ライブチャットのお客様

コミュニケーションがめんどくさい、時間がない、お金がない、そういう方もいますよね。

・時間がなくて急いでいるから相手を気遣う言葉遣いができなかった
・お金がないから自分の欲求のみの発言しかできなかった

など、上記のようなお客様を許せとは言いませんが、ライブチャットという場所だからこそ起きることもあります。

上に書いたようなお客様は、良い方向に変わる方もいるので無下にはできないというか、いきなり無理認定はしない方がチャットレディのためです。

自分の言葉一つ、態度一つ、または相手の環境一つで「え?普通の人じゃん。この前のは何だったの…」と思う人もいるのは事実です。

それから、女性に接することに不慣れな方の場合「そうされると、悲しいですよ」とチャットレディが教育すると理解してくださるお客様もいます。

ただしそうじゃない人もいます。上に書いたような人とは違って本当におかしい人もいるので、区別して接しないといけません。

明らかにおかしい人

様々なお客様(四コマ)

例えば、年端もいかない子を性対象をして扱う妄想をリアルに話してくる会員がいると聞きます。嫌悪しか感じません。

暴行、痴漢などの話を武勇伝のように語る人もいるそうです。こういう話は堪えられないチャットレディもいると思います。非常に不愉快な映像を流す人もいるかもしれませんね。

そうは言っても、あくまで画面越しだし実際に暴行をされるわけでもないのに、と思う人もいるでしょう。
物理的には正しいと思います。でも、精神的なストレスを甘くみてはいけないです。最初は心の疲労が小さくても、積り積もればどんどん大きくなり私生活に支障が出るチャットレディさんもいます。

「これくらい乗り越えなきゃ」というように自分を追い込むことはしてはいけません。悪意を持って嫌がらせをしてきたり、頭のおかしい人は少数だけどいます。

チャットレディも成長することを忘れてはいけない

ライブチャットのお客様をどういうふうに自分のお客様にするのか、また自分のお客様ではないなと判断するタイミングなども含め、チャットレディとして成長する気持ちは持ち続けましょう。

・一般的以上のモラルを持つお客様を呼び込む準備(サムネ、待機、プロフ、身なり、映像…など)
・目の前のお客様のニーズをよみとるスキル(言葉遣い、態度、聞く力・質問力、雰囲気作り、チャット内容…など)
・日ごろから男性心理に興味を持つ

などいろんな面で「チャットレディのスキル」をあげる努力は必要です。たしかにそれをなくして、稼ぐことは難しいと私も思います。

なので、嫌なお客からのストレスを回避しましょう。まともに受け取らないスキルを磨きましょう。

関連記事:チャットレディがお客様を選びたい引き寄せたい【即アダ嫌い】

 

チャットレディとして稼いでいくためにストレス回避をすることも仕事の一つ

はっきり言います。チャットレディにひどい言葉や、高圧的な態度、マナーのない言動をとってくるユーザーは同じ人間と思わなくていいです。

同じ人間じゃないから、チャットレディが「え?・・・」って思うことを言ってくるのです。

下に今思いつく代表的な「対処+心構え」を書きました。
例えば仲のいいお客様との会話の中には「バカ」というワードが出てくることもあるかもしれませんが、その場が笑えるならOKという方は多いと思います。
そういうレベルをはるかに超えて、その言葉により

・冗談でも許されない
・接客ができない(笑うこともできない)

などのようなレベルまでくるとストレスです。ほんの小さなストレスの蓄積でチャットレディという仕事が嫌だ、辞めたい、と思う原因になるのです。だからそのストレスを回避しましょう。

基本は「この人は私には関係ない、私のお客ではない」と考えて「本気で取り合わないこと」です。

聞かない

チャットレディの人格否定をしてくる、マウントとりたいオジサン
チャットレディの考え方や生き方を否定してくるタイプです。
「うんうん、へ~」といってとにかく聞き流す。その間はまともに言葉は聞かなくていいです。

ブスだのアホだの幼稚な悪口を言う人もいるかもしれませんね。それはほぼ、日ごろから本人が周囲からうけている評価です。

自己紹介をしているんだと思い聞き流しつつ「自己紹介長いなー。毎日周りからブスアホ扱いされて生きてるのはわかったけど、とりあえず暇だなー、チャット終わったら何食べようかな?そういえばtwitterでフォロワーさんが○○美味しいって言ってたからそれ食べようか!」と心の中で思って「そういえば○○食べたことある?」などと話を変えていきましょう。

反論したいかもしれないけど基本はスルーです。こっちの意見を頭のおかしい人に聞かせてやる価値なんかないですからね。

会話にならない、マウントをとってくるタイプにも「うんうん、へ~」と言って聞き流します。

絶対ディベートをしないこと、相手の言葉を額面通りに受け取らないこと。アホ相手に論破しようとしない。

「お前はそういう考えだから、いつもこうなんだよ」というようなことを言い出したら、表情変えずに「うんうん、へ~」と言い、頃合いを見計らって「私は○○と考えてたんだけど、なんでそう思うの?」と相手の中身を語らせる質問で流れを変えます。

反論よりも聞き流す方がいいです。そもそもチャットの時間だけで、そのチャットレディの何を理解して言ってるのか不明ですよね。

✔ひどい暴言、脅し
落ちるのを待ちましょう。こういう相手には冷静なオウム返しが一番です。

例えば、「さっさと脱げよ。バカかよお前」ときたら「あ…バカ…ですか?」とか「脱げないと…バカ…なんですか」などをいたって冷静にゆっくり答えます。そして「つまり、脱いだ人って頭がいいってことですか?」などと冷静に答えます。

会話が向かっていく方向としては以下です。
アホはA=Bが全く成立しなくても、おかまいなしにそのように繋げて言ってきます。
脱がない=バカというのは、論理的に成立しません。そこを真正面から突いてもいいけど、めんどくさいので自分で気づかせるために、ジワジワ崩していけばいいのです。話す時は必ずゆっくりと。

無視をしていても落ちてはいくのですが、言わせるだけ言わせておくというのは効果的なストレス回避法とは言えないです。

こちらが無視をすると、相手をしてほしくてもっとひどい暴言を言い出す恐れがあるので、「冷静にオウム返し。質問」の繰り返しです。

バカと言われたら、「そもそもバカってなんだろう?漢字だと馬と鹿。誰が作った言葉なんだろう」と心の中で考えたりしながら、ゆっくり質問をします。

脅しも同じです。「さっさと脱がないと、掲示板(口コミサイトなど)に書くぞ」と言われても「え…掲示板…に書く…ですか」と、かなりゆーっくり答えます。
「書いたことがあるんですか?」とか「チャットレディが脱いでくれないと掲示板に書く人なんですか?」など言い、「大丈夫ですか?いまどき、そういうの。顧問弁護士つけてる事務所増えてますけど…心配になります」と言います。

脅しに反応しない。反応するなら別の言葉に、という感じです。

バカだなコイツ、脱がすスキルもお金もないやつなんだな。他のチャットレディさんはどう対応してきたんだろう?と思って、くだらない脅しをしてくるヤツには屈しなくていいです。

「こわいです~ぅ」「悲しいです~ぅ」の繰り返しでもいいと思いますよ。

あと、バカは「弁護士」とか「裁判」というワードに弱いです。ここぞという時に使ってみてください。ただし言うからには、多少の知識を持つこと、さらに事例があると黙ります。
法律的な知識は持ってて損じゃないので、これを機に勉強をしてみてもいいかもしれませんよ。

質問する

✔ライン要求
なんで?サイトのメールがあるでしょ?→めんどくさい、あまりログインしない→なんでログインしないの?orなんで今日はログイン(チャット)してるの?

質問をしまくって相手を困らせる。要求系は基本「要求している側が下」です。

「さてさて、何ポイント持つかな~この人」くらいに思いましょう。本気で取り合わなくていいですからね。こういうタイプは何時間でも粘るしつこい人が多いです。

✔顔みせて
なんで?→見たいから→そんなふうに言われたの初めて。顔見るのと、見ないとで何が違うの?→かわいい顔を見て興奮したい→身体だけじゃだめってこと?じゃぁこういうアングルは?

※完全にアダパフォ中の要求は集中してるフリで無視で全く問題ないです。

顔出しなしなのに顔出し要求というのは、アダパフォ中の終盤に多いと思うので、集中してるフリでOKです。無視していいんですよ!

態度を変える

✔しつこい要求
何に関してもしつこい男もストレスの元です。こっちが断っても何度も同じことを繰り返す奴には無言、もしくはあからさまにつまらない態度をとり、いかにつまらない時間になるかわからせます。

それまでもりあがってたのに、突然反応が悪くなる→こういうことを言ったら楽しい時間が過ごせなくなることを分からせる。

その間は「休憩」と思い、心のスイッチをオフにします。何回要求してくるかな~とか、何分休憩できるかな~と心の中で思ってもいいです。

パーティー中

✔パーティーで他のお客がいるのにチャットレディが困ることを言い出す
他にメインや覗きがいる場合は、その人とチャットをするつもりで。
頭のおかしい客を土台に、見られたい自分を演じる。

例:かわいそうに見られたいなら、困った顔、泣きそうな顔、顔出してないなら「シュン」とした態度。
鼻すすり、泣きまね。
上記を演じつつも、チャットを頑張ってる健気さを出していく。

 

アホはなおらないし、滅びない

9年やっててもここまでヒドイ人にはなかなか会いませんが、どちらかというと私には暴言や要求厨より嫌味ちっくなのが来るかも。
私はそういうとき「うわ!ださ…。」と思いつつ「へ~」しか言いません。

あとは、嫉妬。他客に対しての嫉妬というより収入に対する嫉妬・張り合いみたいな感じですね。勝手に私の収入に張り合ってきて一生懸命自慢して、私を下に落とす発言をしてきますが「かわいそ…」と思いつつ「へ~」しか言いません。
本当は「すごい」って言ってほしいんだろうけど、それを言うと私がストレスなので相手にしないことにしています。

※勿論お客は選んでますよ。「すごい」と言うべきお客様には「すごい」と言いますよ。

それからチャットレディをしている女性をバカにしている人もいます。
ストレートには言わないんですよ、でも「ん?それってチャットレディ見下してるよね」と思う言葉をチョコチョコ挟んできます。「バカにする職業をしている女にポイント落とすって、病んでるな~」と思いつつ「ふ~ん」って言ってます。

全てまともに話を聞かないことです。

心を閉ざすこと。自分じゃない誰かに語り掛けてるところに自分が居合わせてしまったくらいな感じで、流します。

あとはその相手が言われて、言い返しにくくなる、恥ずかしくなる、そのような言葉で小さく反論をする。これだけですね。

同じ人間じゃないので、こちらが正論を唱えても通じません。

あなたの心の体力は、目の前のアホが落ちたあとに来てくれる良客のために温存しておくこと。他事を考えててOKですよ!

お疲れ様です!