チャット実践

顔出しなしのチャットレディが稼ぐコツを考える

  

高収入アルバイトなら【LoveChat】
顔出しなし、昼間メインのチャットレディです。
アダルトありでチャットしてますが、コツとかありますか?
顔出しなし→顔の一部だけ出すようにしたら2日間だけすごい稼げたのですが、それ以降はもう全然待機がひどいです、、。

今日はこういうお悩みについて考えながら、顔出しなしのチャットレディが稼ぐコツについて書いていきます。

初めに言うと、私は顔出しなしチャットをしたことがありません。
なぜそれを書いたかというと、このブログは自分の実績・経験を元に、過去の自分の疑問や気づいたことを記事にしているため、自分の経験のないことであることをお断りをするためです。

 

が、過去にもツイートしたけど私は顔出しなしで再デビューしたいなと思っています。

 


また私のフォロワーさんも

このような感じでツイートされており、顔出しが主流な業界とはいえ、稼ぎ方はあると思っています。

それは、私自身が顔出ししていないチャットレディさんに入って、とても楽しかった経験をしたからです。

そういったことがコチラの過去記事に書いてあるので是非この「1」の部分だけでいいので読んでいただきたいと思います。>>子持ち主婦の副業【家族が家にいる時】在宅チャットレディというポジション

 

結論なんですが、顔出しなしの場合は、より自分のチャットでどんな時間が過ごせるか相手に訴えかける手段を持たなければいけない気がします。

顔出ししている人の場合でもそれは必要なのですが、幾分かは「表情」でカバーできるため、「とりあえず入ってみようかな」って気分になるお客様もいると思いますが、顔出しなしの場合それはほとんど望めないですよね。

顔出しなしの不利な点ってその一点だけだと思っていまして、他は顔出しありでもなしでもチャット中の基本は同じはずです。

まずは、顔出ししないチャットレディが気を付けることから書いてみようと思います。

 

顔出しなしチャットレディの気を付けることとは?

顔出しをしないチャットレディが気を付けなければならないことは、顔出しできないことに対して負い目を感じないことが第一だと思ってます。

その理由はこんな感じです。
顔出ししないことがデフォルトであると線引きしておかないと、「稼げないな~」「待機長いな~」って思った時に「でも顔出ししてないから仕方ないよね」って思ってしまうとします。
そうすると、改善点を見つけたり、工夫しようと思えなくなり、それが一番待機を長引かせる要因になると予想できるからです。

また、顔出しできないから稼げない、顔出しできないから待機が長いと、問題点は全て顔出しできないということで納得してしまった場合、「じゃぁちょっと顔出ししてみようかな」と思うとします。

これは自分を追い込むことになりかねないと思いまして、例えば「今は顔出しできないけど、慣れるために少しづつ見せていく」というのは目的があるのでOKなんだけど、顔出ししないと決めてるのに、安易に顔出ししてしまうと多分めちゃくちゃ自己嫌悪になったり、心が疲れたりすると思います。

 

そうはいっても顔出しできないことはやっぱり顔出しできる人よりハンデになると思います。

 

顔出しのメリットは表情がわかりやすいことです。


こんな感じで思っていて、例えば少し前のTwitterのbioにも書いてたけど、私は「美容」とか「メイク」関係は不勉強で得意じゃありません。顔も控えめにいてかわいくないのに、チャットを始めた頃(8年前)は、メイクもほとんどしていない顔で顔出し待機をしていました。

言い訳だけど、日常のメイクも苦手な上に、カメラ映えするようなメイクなんて知らないし、そういう情報もない時代でした。

これが原因だったのかなって思うけど新人で料金が安い時も待機地獄だったし、ずーっと稼げない人でした。
そこから、原因は私の顔にあるのかなと気づき(気づくの遅いし、他にも原因はあると今ではわかります)、メイク、照明、カメラ映りを研究しました。
学んだことはこれだけじゃなくて、勉強と待機と振り返りの繰り返しでやっと月収100万円まで辿り着いた感じでして、一概に顔出しチャットレディが有利とは言えないよってことです。

私は現在はわけあってチャット休業中ですが、今月少しチャットに出たときの実績で、

待機1時間23分、パーティー2時間8分

オンライン時間 3時間31分
チャット率 60.6%
手取り額 16200円

(比較参照:2018年7月

でした。連続待機ではないですが、顔出しで1時間半待機しています。

とある理由により、お客に選ばれないからです。

こう言い切ってしまうと身も蓋もないのでもう少し詳しく書いていきます。

 

顔出しなし、顔出しあり、チャットレディの何が違うのか

そもそもなぜ顔出しあり、なし、というジャンルがあるのでしょうか?
顔出しだと何があって、顔出しなしだと何がないかなって考えるとわかりやすいけど、そこに表情がみえるってことです。

お客様と会話をしていたら時々こういう話を聞きます。

 

「会話をしてても、口では笑ってるけど目が笑ってない子がいて萎えた」とか

「タイピングするチャットレディさんだったんだけど、wwwwって打ちながら無表情だった」という話を聞きます。

 

これどう思います?
ちょっと話はそれますが、掲示板とかで「お茶吹いたwww」って書きながら本当にお茶を口から吹き出してる人って滅多にいないと思うんですよ。
「爆笑」って書きながら声をあげて笑ってる人もいないと思うし、多分みんな無表情で書きこんでると思うんです。

 

でも掲示板だと違和感なくて「それくらいのレベルでウケたよあんたのレス」っていう評価になっているんだと思います。(ただの煽りな場合もあると思いますけどね。)

 

 

ライブチャットはこういうのとは違います。

なぜ、ライブチャットにお金を払って来るのか、なぜ利用者のほとんどが男性なのかということを考えると答えは出ます。

寂しさ・自分を認めて欲しい気持ち・楽しみ(エンターテイメント・娯楽)を求める気持ち・自信を持ちたい、という気持ちがあるからです。

だから、チャットレディさんとの楽しい時間で現実逃避をしたり、「すごい」「かっこいい」という言葉で自分を肯定して欲しいのです。

なぜなら、それがリアルではなかなか与えられないから。頑張ってもなかなか評価されません。

それなのに
・男なんだからシッカリしなければ
・男なんだから負けちゃいけない
・負けは恥ずかしい

という教育の元で育った人が多数なので、自信喪失、プライドズタズタのまま、何かに癒されたい思いで「お金を払ってチャットをする」のです。

 

先ほどの話に戻りますが、無表情で「すごい」と言われたり、自分の渾身のギャグをつまらなさそうな表情で「ははっ…」と言われたくないわけですよね、掲示板みたいに。

目の前に人がいるのに無表情で「お茶吹いたwww」って言われても実感が持てずに冷めるのと同じです。

つまり男性の会話を盛り上げたり、今私が言ってることは本当だよと担保するものが「女性の表情」なのです。

それは言葉に嘘がないってことなので、「うけるー!」って言いながら、目を細めて口元を抑えて肩を揺らして爆笑することができます。
演技かどうかはさておき、見た目にはうけてますよね。

男の人はこの安心感が欲しいのです。

「本当に俺の言ったことで楽しんでるの?」

「俺の話、聞いてるの?」

という不安があるのです。

実生活でさえ、不安な気持ちを抱えているのにバーチャルでまで不安な気持ちは抱えたくありませんよね。

顔出しのメリットはこれが与えやすいことですね。だから男の人は顔出しを求めるのです。

 

じゃぁ顔出ししない人はどうしますか?
顔出ししなければそれが与えられないなんてことはないですよ。

一番最初に貼ったリンクの通りなんですが(もう一度貼ります>>子持ち主婦の副業【家族が家にいる時】在宅チャットレディというポジション)そこに嘘がないと保証されれば安心できるわけです。

顔出ししないチャットレディさんは、表情は映せないけど
・オーバーリアクション
・声
タイピングの場合は
・レスの早さ
・読みやすさ

など、リアルタイム矛盾しない反応をしっかり返すことが大事です。

 

極端な例だけど、プロフィールの一文に

この前チャット中に笑いすぎて
呼吸が苦しくなってソファーに倒れてしまいました。

その時、顔が一部だけど一瞬映ってしまった…。

こういうアクシデント
時々あります(☝ ՞ਊ ՞)☝www

笑わせすぎ注意です

 

と書いてあったら、どう感じますか?

チャット中、きちんと反応を返してくれるんだなという安心感はうまれますね。

しかも楽しそう。更に待機で人懐っこい印象が持てれば、笑わせに行きたくなるなぁ。

 

ちょっと話はそれますが、プロフィール文繋がりで、もう一つ。
アダルトチャットができるパターンの例を出すと、パーツ売りは需要がありますよ。

・バストの形がきれいとほめられる(その他、巨乳さんはアダルトチャットでは、すごく需要があります)

・脚がきれいといろんな人に言われる(脚フェチ、M男あたりにも需要ありですね)+一言メッセージのところに「ガーターです」とか「ピンヒール、今日だけありますw」などあれば上手いと思います。

・声がいいと褒めてもらえて嬉しかった(チャットでは声質を重視する男性が多いです)

など、考えられます。

 

話を元に戻します。

顔は出せないけどリアクションが良さそうだし、楽しそうだなって思ってもらえる工夫は必要だと思います。

知ってもらえる(認知される)までは、こちらからお客様の不安を取り除くようなアピールを積極的にしかけていくべきではないかなと思います。

 

顔出ししないチャットレディの待機のコツ

顔出ししないチャットレディが待機をするときのコツはお客様が入室したくなる待機をすることと、待機をやめないことだと思います。

理由を説明します。

まず何がお客様にヒットするかわからないので、いろんな方向で自分のキャラクターを魅せる必要があります。

待機映像

鮮明で、ほどよい明るさ。
目が疲れない配色。
映る背景がきれいで小物類も整理整頓されている。

女性らしさ

ヘアースタイル、髪の美しさ、ツヤ。
ケアできている。
メイクをきちんとしている。
衣装に女性らしさを感しる。

動き

静止画になっていない、動きがある。

プロフィール(ブログなど自己アピールできるスペース)

印象を与える。
人となりがわかる。
内容が変わる。
プロフ・ブログを見るのが楽しみになる。
一言コメントの変化が、表情代わりになる。
サムネイル、ギャラリー、どんな子か想像したい。

メール

ログインメールで今日チャットしたくなる誘導文。
チャット歴のある人にまめにメールをしているか。

 

※・※・※
メイク・ヘアースタイルは、チャット中に映る範囲のことを言います。
でも万が一、意図せぬ状態で映りこんでしまった時にガッカリさせないように、最低限の身だしなみを整えることは必須だと思います。

 

待機

そして、待機はチャットレディ全員ができればしたくないことです。

結構待機が長くてチャットレディを辞める人は多いんじゃないかな?と思います。

もちろん収入の面で厳しいならチャットレディ以外のお仕事を頑張らないといけないし、チャットでメンタル壊れるなんてあってはならないことなので離れるべきタイミングもあります。

けど、上に書いたことを工夫し続けて売れる自分をプロデュースしていくことが大事だと思います。でもそれって1か月や2か月でできるものじゃないですよね。
売れる自分をプロデュースするって、いっぱい自分を客観視して工夫して振り返って改善しての繰り返しだと思うからです。
その繰り返しで自分の強みが磨かれてブランディングに繋がっていくと思います。

 

まとめ

顔出ししないチャットレディの待機攻略をするために

 

考えること1

・自分がどんなチャットをしたいのか
・自分の部屋ではどのような時間が過ごせるのか
・何が得意なのか
・どんなお客様に来て欲しいのか

などなど、このようなことをまず自分自身で意識します。

 

考えること2

そして、それをいろんな方法でアピールします。

・プロフ
・ブログ
・(あまりおすすめはしませんが)外部SNS、Twitterなど
・サムネイル、ギャラリー
・PR動画
・メール
・一言コメント
・待機映像に映るもの
・服装
・ヘアースタイル

こういう方法を使って、どうやってアピールするのかを考えます。

 

考えること3

顔だしありとなしの違いを考えてみて、提供できないものもあるが、それを埋めるものを考えてアピールします。

 

 

記事は以上です。

顔出ししなくても売れている人は見てきたけど、私にはまだ顔出しなしチャットの経験がないのですがリアルにこうやってやりたいなって考えていることがあるので、最後にそれを書いてみます。

私が顔出しないでチャットをしないのは8年前からずっとそうです。
なぜなら「顔出しをしない」って選択肢がなかったからです。表情がわかった方がお客様も楽しいんじゃないかなって思ってたから。

それでも今は顔出しなしでチャットレディ再デビューしたいと思っています。

私が顔出しなしでチャットレディ再デビューするならこうするだろうなというところを書いてみます。

・口から下は映すと思うので、リップメイクやデコルテあたりをキレイにみせる研究、笑顔の研究をします

・ヘアースタイルやヘアーアクセサリーにこだわります

・待機画面に映る範囲や角度でウケそうなところを探します

・照明や衣装にもこだわります

・背景は清潔感第一だけど、殺風景にならないようにします

・お客様が話しやすいように、多くの人と共通して話せそうな話題や男の人がすきそうな話題を勉強して話せるようにして、なおかつそれに関連するグッズをわざと待機画面に映しこみます

・待機では常に動きます

・プロフィールが自分の顔だと思い、常に書き変えます。書きっぱなしは絶対しません

・サムネイルでは顔出しをします。ただし、無理のない範囲であることと修正は必須です

・チャットにきてくれるお客様が楽しめるように話題豊富になるべく普段から読書、テレビ、動画、スポーツ、など浅くてもいいので幅広く知識を身に付けます。その中で自分が興味があることは深く学びます

・待機→チャット入室というこのハードルは高めなので、入ってきてくれるお客様には誠心誠意接客をして満足度を高める努力をします

・時間を見つけては同じように顔出しなしのチャットレディさんを探して、どんな待機をしてるか、どんなプロフィールを書いているか、どんな接客をしているか、研究します

 

こんな感じで想像しています。時期をみて、顔出ししないチャットレディでどこまで稼げるか挑戦したいと思っています。

関連記事:顔出しなしチャットレディがお客様を呼び込むポイント