チャット実践

【チャットレディ】冷やかし・ルーズ・すっぽかし【待ち合わせ】

  

高収入アルバイトなら【LoveChat】
待ち合わせは何分待つべきですか?
またこちらのブログに「新規の待ち合わせは取らない」と書いてありましたが、それでもお客様は来られますか?

以前待ち合わせで30分待機しても来ない方がいらっしゃったのですが、30分後に「通常の待機をさせていただきます」と断りのメールをしてから通常待機にした途端に「ドタキャンされた」と言い出す方がいらっしゃりました。
その後某サイトで誹謗中傷を書き込まれてしまい精神的にまいって1か月ほどログインできなくなったことがあります。

本当に待ち合わせメールは受けなくてもお客様は増えますか?
待ち合わせ希望メールが来たらどうしたらいいですか?
よろしくお願いします

答えですが、全ての決定権はご自身にあると思う。なんですが、これでは記事として成立しないので、失礼を承知の上で回答をさせていただきます。

解決策として

・待ち合わせはしない
・条件付けで待ち合わせをする
・お客に媚びへつらわない
・自分のスタンスをもつ

あたりが思い浮かびました。

待ち合わせをした結果、自分に利益があるならすればいいし、利益がないならしないでいい、選択権はチャットレディにあるというのが私のスタンスなのでこのような答えしか出てきません。

と言われても、悩んじゃいますよね。

相手を思うからこその悩みだと思うし、そういう人は相手の心に寄り添えるチャットレディになる方です。

その気遣いの方向性を間違えなければ、自分の精神の摩耗を最小限にして、最大の結果を出せる人だと思います。そのために必要なことを書いてみます。

ただ本記事について、我ながらいつも以上に偏った意見だなと思ってます。

これは全記事において言えることですが、特に今回は「一チャットレディの意見」として読んでください。

 

チャットレディが待ち合わせをした結果失うもの・得られるもの

まずはチャットレディはお仕事であることをもう一度自分に言い聞かせてください。

そしてお仕事は、収益をうみださなければお仕事ではなくそれは趣味です。

収益をうみだすために努力をした結果、手にした1円に感謝し、そこで得た知識と経験をもとにさらに発展させて、収益を倍に倍にしていくことがお仕事であり、個人事業主の追及していくべき世界だと思って生きています。

つまり、収益に関係のないものは排除していかなければいけません。

 

というのは、私の価値観なんだけど、なぜこう感じるかというと、人生で一番大切なものは時間だと思っているからです。

時間があれば生み出せるものはたくさんあります。

お金・経験・人脈・資産、
それから、家族と過ごすためにも時間が必要だし、趣味に没頭するのにも時間が必要です。

趣味をより楽しむために必要な道具をそろえるとなると、お金がかかります。つまり、お金を生み出す時間が必要です。

例えば「人生で大事なものは恋人」って人もいると思うけど、恋人と過ごすにも時間がいるし、時にはお金も必要です。
そのお金をうむのはやっぱり時間だし、そもそも恋人は変わります。

でも時間は変わらず全員に平等にあります。

 

仕事に話を戻します。

待ち合わせメールには二種類あると思います。

「待機中に今から待ち合わせで」というメール。
「〇日の〇時に待ち合わせしたい」という事前予約メール。

今回は常連やリピーターなどのある程度確実に来てくださる信頼関係にあるお客様については考慮せずに、新規客を対象として話ていきます。

 

待機中に今から待ち合わせでというメール

待機中に送られてくる「今から待ち合わせで~」というメールは、私たちにとって「は?」って感じになる瞬間ですよね。(ならない方はごめんなさい)

でも、そういうお客様の気持ちを察してみるに、まず自信がない人と思っていいと思います。

 

僕が入って話をしてくれるのかな?

 

無視されないかな?

 

という自信のなさを、待ち合わせメールの返信をもらうことで「約束したから話してもOKなんだ、無視されないんだ」という形で安心に変えているのです。

なんだか信じられない話な気もするけど、こういう人も中にはいます。

 

また、そうではなくて、そういうメールを送って試している人もいます。意地悪ですよね。

 

この待ち合わせを受けるのも受けないのも決めるのは自分なんだけれど、「初回入室にわざわざメールで確認を取るくらい臆病な性格の男性」or「ただの冷やかし」っていう結果が見えてて、このどちらかしかいないと承知の上で、その待ち合わせメールを受けたい、と思うのであればOKでいいと思いますよ。

 

あと、このパターンでまれに普通にお話しをしてくれて、二回目以降は待機中にそのまま入室してくださる方もいました。ものすごくまれですが。

 

事前予約のメール

確認ですが、これは一度もチャット歴のない「新規客」から事前に送られてくる日時指定の予約希望メールの話です。
事前予約のメールについては、確実にお話しをしたい希望の現れと取れますが、冷やかしの可能性もあります。

また、例えばですが、事前に12時から待ち合わせの約束をしていたとします。
その日のお仕事開始は10時からなので、待機を10時から開始します。
その待機から始まったパーティーチャットがめちゃくちゃ盛り上がってた(稼げている最中だった)としても12時にはパーティーを強制的に終わらさなければいけません。

それでもその待ち合わせメールを受けるのには価値があると自分が思うなら、受ければいいのです。

 

うーん、あちらを立てればこちらが立たぬですね。そういう時はどうしていますか?

私のやり方としては、現在は待機中にくるメールは全部開きません。そしてそのまま永遠に未読スルーです。

なぜなら、9年続けているうちに待機中のメールに取りあう時間が勿体ないし、無駄に消耗したくないという結論に至ったからです。

ここで実話なんですが、半年にわたり私が待機中にメールを送ってくるユーザーがいました。
もちろん未読スルーしてたんだけど、最近入室してきました。
その結果、朝の過疎タイムにお金を使ってくれる良客だったことがわかりました。

これって、私は半年間落としてくれたかもしれないポイントを取り損ねていたのかもしれない、という見方もできますね。

 

それでも私は新規の待ち合わせは取らないスタンスで続けています。時間を無駄にしたくないからです。これが私のやり方です。
しかし私のやり方を聞いても参考にならないと思うので、ちょっと対策を考えてみたいと思います。

 

チャットレディの待ち合わせ希望メール対策

まず信念として「利益を追求すべし」です。

私の考えですが

・待ち合わせはしない
・条件付けで待ち合わせをする
・お客に媚びへつらわない
・自分のスタンスをもつ

でした。

なぜこういう考えになるかというと、何かを得れば何かを失うのは当然なので、常に自分の利益が出る最良の選択をすると、「どうしたらいいんだろう?わからない」というふうには思わなくなると思うからです。

今回の場合も「どうしたらいいんだろう?」と迷ったら
・自分の利益
・お客様の満足度
を天秤にかけ、自分の利益を最大に考えながらお客様の希望をきける妥協点・策を考えるといいです。

そうすると、目先の利益をとることもあるし、長期的なリターンを考えることもある。天秤にかけた結果自分の利益を捨てることが最善の判断だなっていう時もあるかもしれません。

ただし、接客業なので相手がいることを忘れないことです。
相手が不愉快な気持ちになれば必ずそれは返ってくるし、相手に好かれればそれも返ってきます。

 

判断に迷ったら自分がどうしたいか考えて、言い方悪いけど自己中になるといいって意味でしょうか?

自己中というより、自分の選択に責任を持つって感じですね。

お客様に言われなき中傷をされてその度に1か月ログインできないのは勿体ないと思います。

自分の選択を外野がとやかく言うこともあるけど、自分の責任のもとに自己利益を追求して選んだことなら、損も得も全部自分が受けなければなりません。

 

チャットレディの待ち合わせの是非

最終的に言いたいことは、決めるのは自分という意思をもつことが大事です。

30分待つことも、待ち合わせ解除も全部自分の選択です。

自分の利益を考えた結果がそういう行動に繋がったのであれば「ドタキャンされた」と騒がれても、叩かれても、関係ないはずです。(悪質な叩きは別の話)

でも、お客様第一主義で仕事をすると振り回されます。
そうじゃなくて、本当に自分が大事にすべきお客様にその優しい心と時間を向けてあげることがベストだと思います。
そうすることでお互いにいい時間を過ごせるはずです。

 

まとめ

ここまで読んでいただいて、最初の質問の

「待ち合わせは何分待つべきか?」

に対する答えは出ましたか?

 

私の対策ですが、時間を無駄にしたくない方針で生きているので条件付けで待ち合わせをしています。
・何度も話をして信頼関係のある方
・待ち合わせ時間直前に「今から待機するよ」とメールをするのでそれに即レスできる方
・待機後1、2分以内に入ってこれる方

この条件を相手の気に障らないような文章でお願いするようにしています。

 

もし、5分は待つと決めるなら、「5分しか待てない」「5分以内にきて」「5分過ぎたら待ち合わせは解除」という意思を見せましょう。

それすら守れないお客でも取り込みたいなら別ですし、そういうスタンスでやるって覚悟を決めてやるなら何も問題ないことだと思います。

 

お客に翻弄されないように、今日までに起きた、よかったこと・悲しかったことも考慮しつつ、ベストの選択をし決めて行動していきましょう(`・ω・´)ゞ

誹謗中傷はつらかったですね。でもチャットレディを続けていきたいと思うなら自分の心を守りつつ、前進していきましょう。