思うがままに

チャットレディのメモの魔力

  

高収入アルバイトなら【LoveChat】

お客様メモの存在意義について。

久しぶりに来てくれる会員さんっていらっしゃりますよね。
もちろん来てもらえることは嬉しいし、クソ客・妨害客でもないかぎりとってもありがたいです。
ただかなりの時間が空いちゃったとき。重ねて特別印象にも残ってないような会員さんだった場合。

「・・・・・・?(誰だっけ)」

となるパターンと

「・・・・・・あ!(なんとなく思い出した!)」

となるパターンと

「・・・・・・あー!あーーー!!」

となるパターンがあります。

お客様メモに書いてあったとしても、その文章を読んで過去にそのお客さんとチャットした時のテンションが瞬時に戻ってくるわけもなく、バレないように真顔にならないように(真剣に考えてるときは真顔になりますよね)

「わ~お久しぶりですー!あれ~いつぶりだっけぇ?」

と場をもたせながら、必死に思い出すこともしばしば。

メモの内容がかなり詳細に書いている場合「こんなに細かいことを覚えてるなんて、いかにもお客様メモに頼ってる感が変だから、ジワジワこっち方面に話題を展開するしかないな」と思ったり、
メモの内容が「いい人だった」だけの場合、チャットでいい人だったと言いたくなるような男像を連想し、このお客様としたであろうチャットをフワッと盛り込んでみたり。

と、まぁメモの活用は大事だよと思いつつ、その時の自分の「感情」を書くのではなく、第三者の目線で「起きた事実」をそのまま書くことが大切だなと感じます。

ただし例外があります。

例えば

 

このようなメモでは
・一体どういう状況で
・どのような発言や態度に対して
このようなメモを取ったのか、全くわかりません。

しかし、悲しきかな。
こういう風に記録されてる客が、次に来た時に改善している事例はまず無いのでこの程度の内容で十分だったりします。

さてさて、お客様メモをどのように活用するかは人それぞれですが私も私の利用の仕方がありまして、いくつか書いてみようかなと思います。
私は幸いにも人に対する記憶力はそこそこあるようで、HNを見ればおおかたのことは思い出すので、むしろコアな部分を記録する方が向いているようです。

上から順に
・誕生日
・完全に嘘をついているんだけど、本人は「ちょっとエッチな産婦人科医」というていでやってきた
・あっちゃんの担当医
・夏目アナが今日(午後から)受診にくる

こういう設定の、まぁクソっぷりを発揮していった客ですが、これだけ見れば
・この時の客に対する嫌悪感
・私がしたであろう接客内容
・相手のクズぶり
が見てとれますよね。

また、やっぱりどうしても自分が苦手なチャットを展開してくる人には「端的な文章」になることが多いようです。

でました。キモボ。(イケボという言葉があるのなら、キモボという言葉もあるでしょうということで)
キモボ客は、どんなに1回で稼がせてくれたとしても、メンタルへ重大なダメージを残していきます。
例えば1回で10万pt稼げてもそのチャットは100点とはなりません。キモボのせいでマイナス300点、総合マイナス200点という最低な気分になります。(私は)

またクソ客の歴史はやはり繰り返されるということは、メモが証明してくれますよね。スクロールしなければ見えないほど、時系列でクソの歴史が語られていてこれはこれで面白いという使い方もできる事例です。

つまり私にとってのお客様メモは
・次回来店に繋げる貴重な情報欄
・リピートしてくれた時の話題
の活用ではなく、

チャット終了後に10分の1しか解消できないけど書いてぶつけるストレス発散欄という利用の仕方というわけなんですね。

皆さんにとって、お客様メモはどういう位置付けですか?

 

※チャットレディ新人さんの悪い例となってはいけないので、ダサい補足をしておきますが。
稼がせてくれる人や、常連などのインパクトのある人のメモはちゃんと取ってますよ。
しかるべき使い方として役立ててはいますが、頻出ワード検出したら確実に「クソ」が一番でしょうな。
しかし、クソなんてお言葉はチャット以外では使いませんよね?むしろ、チャットを始めてから使うようになってしまったような気が…。
心が荒むお仕事ですね。

やばそうだったら、記事消しますwww/(^o^)\