チャット実践

完全ノンアダルトでパーティーで稼ぎたいチャットレディ

  

高収入アルバイトなら【LoveChat】
チャット歴2年です。私はツーショットよりパーティーが好きだし得意です。完ノンでパーティーで稼ぎたいんですが、どうしたらいいんですか?

私もノンアダサイトにいた経験があるのでこの気持ちはわかりますよ。

なお、チャット歴が比較的浅い方へ。
完ノンとは、完全ノンアダルトのことです。

必要なことは

・お客の需要の理解
・お客の欲求の理解
・企画力
・ノンアダルトのあなたを好きなお客様を増やす

です。ノンアダサイトで稼働されてる前提で書いていきます。

 

ライブチャットの需要を理解した上でノンアダルトのお客様を作る

「パーティーで稼ぎたい」ならわかるけど、なぜ「完ノンで」という断りが付くのか考えてみます。

理由は、利用する人の性質を理解されている方だからだろうなぁと想像ができます。

そして、ライブチャットは無法地帯ではありませんが、インターネット上のコンテンツです。
ネット上で犯罪が起きる昨今、今までになかった新しい犯罪も増えてきていますよね。

なぜなのか考えてみました。
倫理感の低下・社会のルールを守れない人が増えていて、そういう人が行き場のない欲求をぶつけているのかなと考えました。ところがこれを見てください。

 

サイバー犯罪は、
〔1〕匿名性が高い
〔2〕痕跡が残りにくい
〔3〕地理的・時間的制約を受けることなく、短期間のうちに不特定又は多数の者に被害を及ぼすといった特徴を有しており、犯罪を行う者にとっては、その所在を特定されにくいなど、インターネットは極めて好都合な犯行の手段となっている。
実際に相手の顔が見えないやり取りの中で、抵抗感なく犯罪に手を染めている者もいる。

https://www.npa.go.jp/hakusyo/h18/honbun/hakusho/h18/html/i1130000.html

警察庁HPより抜粋ですが、リンクから飛ぶとわかるけど、事例を見ても無職多すぎでしょ。

スミマセン。注目すべきはそこではありませんでした。
注目したいのは
匿名性が高い痕跡が残りにくいという点と、
その所在を特定されにくいなど、インターネットは極めて好都合な犯行の手段
実際に相手の顔が見えないやり取りの中で抵抗感なく犯罪にという点です。

ライブチャットで犯罪が起きるという話ではないですよ。

でも人間なので、こういう心理に陥ることがあるということですよね、インターネット上で匿名ならいとも簡単に。

だから、羽目をはずしたいどころか、ばれないならやっても許されるんじゃないかという考えが蔓延っているのですね。

 

アダルト要求自体は犯罪ではありません。でも、実生活では言えないことを誰でも簡単に言えてしまう世界であることを理解します。そこでお金を稼ぐ仕事です。

 

具体的に考えます。
ノンアダルトサイトで脱衣まがいの行為・アダルトコメントで釣り・アダルトを想像させる待機をしている、のは誰でしょう?

お客もそれにのります。要求もします。

鶏が先か、卵が先かわかりません。

ただ、こういうことが起きているのは事実だし、運営が許容しているのであれば、それは一つの事実として隣で起きてることはスルーするか、自分が退くかしかないと思います。
でも、スルーして働くことは可能なはずです。
なぜなら、「話がしたい」欲求をもつ男性客はいるし、パーティーが得意だと仰るあたりからそういうお客が存在することは理解されてると見受けます。

そういう客で囲わせることを目標にしてはいかがでしょうか?

私は人妻・アダルトサイトで稼働していますが、どっちにも「話しかしない」お客様はいらっしゃいます。そして、長くやってるせいもあるのかわかりませんが、そういうお客様の割合は多いです。
つまり、そういう人は存在するわけです。

 

それで本当にアダ釣りしてる人より集客できますか

 

そもそもアダルト欲求のない男はいないでしょう。

その中でノンアダルトサイトだということを理解し「あなたに、アダルト要求をしない」男性客がいるだけです。
男の抜きたい欲求はとても強いし、早く解消したいのですね。
だから自分の好みの女の子が脱衣中や(疑似)オナ中を見て抜こうと考えます。

ここで想像してください。

今からチャットを利用しようとしているユーザー全体の中に、
・そういう欲求を解消しようとしているユーザーの割合と、
・ノンアダルール遵守ユーザーの割合について。

5対5ですか?違うと思います。

ノンアダサイトでアダルトまがいな行為をしている部屋と張り合う思考が、そもそも自分を苦しめていることに気づくべきです。

割合としてみると少ないかもしれないけど、ノンアダルトチャットレディを理解して話にきてくださるお客様を増やすことが優先だと思います。

 

これが、ライブチャッチサイトの需要の理解と、お客の欲求の理解に繋がります。

また、歯がゆいかもしれないけど、ノンアダサイトでアダルトまがいな行為をしている人を根絶するのは難しいけど、そんな中でノンアダルトで活動されている自分に誇りをもってください。

 

ノンアダルトパーティーでお客様を呼ぶためチャットレディは工夫するしかない

ノンアダルトのお客様をパーティーで複数集客するためには、工夫をしてお客を楽しませるしかないです。

何度も来たくなる欲求をつくということです。

そのパーティーに何があるのか?ノンアダルトで楽しめるパーティーチャットってどんなのかな?と考えることです。

 

企画力を養う

ノンアダルトのパーティーでの企画です。
私はノンアダサイトのチャットレディさんも覗きます。※アダルトしているところには入りません。

でも、時々完ノンで盛り上がっているパーティーに遭遇するんですけど、企画力と会話力がすごいです。

お客様が楽しめる何かを企画してやってるんです。でもアダルトではない。

 

会話力をあげる

会話がとても楽しくそしてかわいいです。
楽しさもあり、女性らしさもあるってことですね。

そしてそういうチャットレディさんはお客様たちに好かれているし、大事にされてます。

パーティーでお客様が入るってことはそういうことです。好かれているのです。

 

これが企画力とノンアダルトのあなたを好きなお客様を増やすということです。

極論、ノンアダサイトでもアダサイトでも、普段からしっかりお客様と繋がっているかどうか、その繋がりが多く太ければよりパーティーでさらに盛り上がることができるっていうことです。普段からが大事ですね。

 

意思を自分が貫くかどうか

最終的に自分が強い意思でノンアダルトを貫くのみです。

自分の心の中に「アダルトしなきゃ集客できないな」という気持ちがあったら、絶対ノンアダルトで集客はできません。
なぜなら「アダルトしないからパーティーでお客がこない」ということで結論がついてるから、それ以上努力をするモチベーションが保てないからです。

ただノンアダルトの基準が「下ネタトーク」も不可能なら、そういうことを言う人が大多数なので厳しいと思います。

でも、下ネタに対してこっち側が下ネタで返す必要はないですよね。
・鉄板の恥ずかしがりキャラ
・逆に笑いに変えていく臨機応変さ
・下ネタをさらに一つ上の大人な言葉で返す

ということもできます。

 

まとめ

私は明確な目標がある人は絶対それができると思います。

「完ノンパーティーで集客したい。」

現状のライブチャットを知る人なら「あえて挑戦しよう」と思う世界ではないかなと思うのですが、こうやって考えることができる時点で「人と違うことが提供できる資質のある方」なんだろうなと感じます。

深く考えるって漠然としたところからのスタートでOKだと思うし、それを考えることがチャットで成功する道だと思います。

応援しています。