チャットレディをこれから始める人へ

子持ち主婦の副業【家族が家にいる時】在宅チャットレディというポジション

  

高収入アルバイトなら【LoveChat】
在宅チャットレディとしてデビューした1歳半の子持ち主婦です。全然稼げません…。子供は寝ないし、やっと寝たと思ったらすぐ起きる。こんなんじゃ稼げない…。

今日はこういう感じで、子持ち主婦×在宅チャットレディのお悩みに子持ち主婦×在宅チャットレディ歴8年超えの私がお答えします。

今は月収100万とそこだけだと聞こえはいいかもですが、チャットを始めて最初の6年間は手取り10万前後でした。

そんな私は外で仕事をしながら副業でチャットレディをしていたこともあるし、他の在宅ワークとチャットで稼いでたこともある感じで、チャット一本に絞ったのは2017年の半年間だけです。

現在、他の在宅ワークも並行して行っていてチャットは副業のポジションです。子持ち主婦のチャットができないという悩みは切実に理解できます。でも稼ぐ手段はあります。

 

子供や家族がほぼ一緒にいる場合在宅チャットレディの働き方は工夫が必要になる

子供や家族がほぼ一緒にいる場合在宅ワークの強みをいかすことが大事です。
つまり働き方の工夫が大事ということです。

なぜなら、チャットレディの仕事は一般的にはあやしがられるし、家族とはいえこの仕事に理解を求めることは難しいからです。

ではどういう働き方をするといいのかというと
・音声なし(在宅中の家族にばれるリスクが下がる)
・顔出しなし(待機のハードルが下がる)
・キャラクター設定
・プロフィールの重要性を理解する(プロフィールを大事にする)
という工夫が必要です。

実際に顔出しなし、音声なし、不定期ログイン、子供が泣いたら途中で落ちる売れっ子チャトレを見続けて学んだこと

あるチャットレディさんに出会ってチャットってすごいなって思った実話です。


小さなお子さん二人と、ご家族が在宅中にチャットをしている女性がいました。
ログイン:不定期、短時間
特徴:子供が泣いたとか家族が帰ってきたとかで急にログアウトすることあり
顔だし:なし
音声:なし
こんな感じでチャットされててランカーさんでした。
月間ランキングで○位くらい(伏せます)にいた方なので、推定月獲得ポイント160万ポイント以上だろうと思います。
急にあらわれて30分~1時間以内に落ちていくし、出演時間はバラバラ(早朝、日中、深夜関係なし)、と私のセオリー「売れる・成功するチャットレディ」像とは全く違う女性でした

でも売れてる。

あんなに短時間なのに、ランカーさんだし覗きも多い。
いつ来るかわからないのに待機がほとんどない。

なぜだろう?と思うと疑問の答えがどうしても欲しいので、私は彼女のチャットを覗けるときは覗いてました。

そこで私が考える「売れる・成功するチャットレディ」像の
一つは間違いなく正解なんだなと確信し、一つは間違いだったんだなと気づきました。

私が考える「売れる・成功するチャットレディ」像の間違え

顔出しなし、音声なし、不定期ログインは厳しい

ハッキリ言ってこれは完全に大間違いでした。なぜなら
・顔が出せない理由がはっきりとわかりこちらも理解できる
・音声が使えないけど代わりがあるから楽しめる
・不定期ログインという彼女の生活スタイルをわかっているので、それにこちらが合わせようという気持ちになる

からです。

これは彼女の売り方がめちゃくちゃうまかったからです。お客様を共感させて彼女の世界に巻き込んでいくのが上手だったのです。

私が考える「売れる・成功するチャットレディ」像だとより強く確信した部分

キャラ設定、プロフィール、売り方を心得る。

これはやはりそうだなと確信しました。

とにかくキャラ設定が際立っていました。といっても過激という意味ではなく、ブレないって意味ですね。

子供が泣いたから落ちる→覗き人数が15人とかついてても容赦なく落ちてました。

設定なので、嘘でも本当でもいいんですよ。ただその設定をあやふやにしない。

お客様とどんなに仲良くなっても、今日はガッツリ稼げそうな波が来てても、好調な日も不調な日も何にも左右されてないなと感じました。(設定の仕方は詳しく書きました>>チャットレディの稼げるプロフィールの書き方

プロフィールもものすごく読みごたえがありました。文章、内容が彼女らしさや、彼女のキャラ設定を深く理解させるもので説得力がありました。
長文で工夫した文章でしょっちゅう内容が更新されててそれだけでも楽しい。
不定期ログインでも彼女のことがわかるっていうのは、一度ついたお客様が離れない理由だと思いました。

売り方も上手で、音声が使えない代わりに会話の反応がすごくいい。そして、デビューから数か月は音声なしキャラだったんですが、少しずつ「マイク買いました」とか「今だけマイクを使える時間ができた」とか「小声です」とかで変化を付ける。
これは、やり方がブレているというのではなくてとても戦略的なんですが、今までなかったものをできるようになったと小出しにするのと、できてたことをできなくなったとして引っ込めるのとでは前者の方が有難みがあります。

あと、マイクを使うのも使わないのも彼女の意思次第、それも周囲の環境によるものとお客たちは理解した上でチャットをしています。

つまり主導権は彼女にあり、一生懸命な姿をみて応援したくなる。彼女自信の性格もいいので、できないものがあるけど自分ができるのはこれだっていう大きなものがあるのでファンは集まる。

それから、ぶっちゃけこの方は色恋で客を掴んでいました。私は色恋ができないのですが、彼女が独自性を出すために「色恋×あぶなっかしさ×天然」っていうキャラを作り一切軸がぶれることなく戦ったから稼げていたんだろうなと思います。

残念ながら引退されてしまいました。

このように戦略で勝つ人もいます。顔だしできないからイコール稼げないではないですよ。

正直私はチャットの世界はまだ素人だし、厳しい…。稼げない、お金にならない、焦ります

はい。だからこそ一つの仕事に固執しないでいい。それが在宅ワークの強みです

今は副業ではなく複業の時代

さまざまな働き方が選べる現代は複業の時代であり、在宅ワーカー・自営業者はこういう考えを取り入れるべき
>>キャリアは主体的につくる時代!副業ではなく「複業」を選ぶ人が増えています
>>複業は「どっちの仕事も中途半端」? それでもボクが複業を選択する理由

一つの仕事に集中することは大切。
だけど、固執することはよくなくて、今の環境でできることを精一杯やることの積み重ねが必要です。

例えば在宅チャットレディがチャットをしづらい環境って声が出せないっていう状況を真っ先に想定しますが、声が出せなくてチャットができないなと判断するのであれば、執筆で静かに稼ぐという手段もあります。

こういう話をすると文章なんてそんなに書いた経験がないからなぁと、やる前から諦めモードになりそうですが、それは私もそうだし、世の中のほとんどみんな同じだと思いますよ。

私は文章の書き方や、男性心理の理解は読書で補ってきたので同じように本を読むとか、あとはこのブログを読んでください(笑)

noteで稼ぐ

今すごく流行っていますね。

例えば>>https://note.mu/keigosakatsume
今注目している人が>>https://note.mu/hoshian
とか、小説家志望だった人とかすごく楽しいと思うし、絵が好きな人は
>>https://note.mu/soeji
>>https://note.mu/dailytamao

無料で魅せて有料に持って行くとそれを購入したいと思う人は購入します。https://note.mu/marketing/n/n4b4f86904cd6

こういう感じで今の自分が発信できる価値ある情報を有料で報酬を得ながら書いていくスタイルは今とても流行っています。
私は読むのが好きなのでフォローワーさんが何か販売されたら拡散協力&私も購入しますよ。こういう感じで普段から交流のある人が書いたものなら買おう、読もうって考える人もいます。その人が良い評価で拡散したらまた広がっていくって感じです。

また書く力を高めるための読書をすることは大事です。
それはお客向けブログやあなたのプロフィールに書く力をつけることにもなります。仕事はこうやって重ねていくとどんどんスキルが増えていきます。

働き方は柔軟に、本当に大切にしたいもの

働き方は柔軟でいいと思っていまして、今チャットレディだけにこだわる必要はなと思います。

理由は最終的にお金を得たいのだから、自分が体の面でも心の面でも無理をしないことが大切だからです。

音が出せない状況→音声なしチャット、執筆、読書(インプット)、ブログ(集客)>>チャットレディのブログは強化素材【集客】

家族が不在になった/寝ている→短時間チャットに集中、ログインメールの活用、認知されるまでは忍耐力も必要

チャットにしても執筆にしてもスグに結果を求めて結果が出なければスグ諦めるではお金は稼げなません。先を見据えての積み重ねがお金になります。

まとめ

子どもや家族との時間は大切にしてほしいです。

特に、子どもが小さいときはいろいろ上手くいかないものだし、将来が見えなさ過ぎて焦りが生まれ悲観的になりやすいです。

よく言う言葉だけど、子どもはあっという間に手がかからなくなるって本当だし、親が構ってちゃんになってしまいそうなくらい子どもはあっという間に親から離れていきます。

今はスキンシップをたくさんとって子どもとの時間を一番大切にしてほしいです。

焦らなくてもチャット業界は消えないだろうし、その間にいっぱい勉強してチャットの基礎体力を上げとくといいです。

チャットの世界じゃなくても、その勉強や基礎体力は活かせる場所はありますよ。