オススメ書籍

チャットレディの待機地獄を脱出しよう

  

高収入アルバイトなら【LoveChat】
在宅チャットレディを始めました。
待機しても覗かれてばかりでチャットが始まりません。きちんとメイクもしてます。服装もきれいにしてます。部屋もきれいです。
でもお客さんが来ません。
4時間で1500円です。

今日はこういうお悩みです。

結論ですが、チャットレディを始めてスグの方がいろいろ頭で考えるのは限界があると思います。

どういうことかというと、「出続けて」「考え続けて」「修正し続ける」そのような中でしかチャットで稼ぐ方法って見つからないし、私は9年チャットレディをしているのである程度常連がいるのですがそれでも「今日…むり」という日はあります。

ところが今回は常連のいないまだ始めたばかりのチャットレディさんのお悩みです。

つまり、まだお客様はあなたがどんな人なのかわからないですよね。

今回はお客様がチャットに来る時ってどんな時かを切り口に待機地獄を解消する方法を書いていきます。このような状況から脱出しましょう!

 

チャットに入りやすいチャットレディの待機

まずは、チャットはどんな人がどんな気持ちの時に入室するのか考えでみましょう。そこを考えると需要がみえてくるから自分がどうすればいいのかより理解できるはずです。

待機覗きをする人は「話しかけたい」という気持ちがあります。これはかなり強い欲求なんですが、なぜ話しかけることができないのでしょうか?

お客様側の問題も考えられますが、チャットレディさん自身に話しかけにくい要素があるのではないかと疑ってみることが大事です。
お客様側の事情はコントロールできませんが、自分自身のことはコントロールできるものが多いからです。

 

例えば、接続率のいい時はとてもニコニコしているけど、接続率が低いときはかなり悲壮感が漂う表情をするチャットレディさんがいます。
でも多分本人はいつも通りニコニコ笑顔で待機していると思っているはずです。
でも第三者からみると笑顔が笑顔じゃなくて、どうみても頑張っている笑顔なので入りにくいです。

生きてたらいろいろあるし、チャットだけが人生の時間じゃない、むしろそのチャット中に起きたことで引きつった笑顔になってしまうこともあります。
けど、待機地獄を抜け出したい、稼ぎたいと思うならどこかで折り合いをつけていかないとなかなか稼げませんよね。

だからチャットレディはメンタル管理が非常に重要なのです。

話しかけやすい人にみえる待機を最速で研究してみましょう。
これは顔出しをしない人にも共通します。

 

ずーっと笑顔でいると疲れてくるんです。

 

ずーっと笑顔でいなくていいです。少し微笑む、一瞬カメラ目線をする、など、ちょっと気になる表情を見せることの方が効果は大きいです。

あとは動く。動きで釣るっていう感じですね。(エロ要素って意味じゃないですよ)

待機は、気になるから見ている人がほとんどなんだけど、話しかけやすくしてくれていると話しかけられるんです、という当たり前のことを書いてしまいましたが、一回の待機はどんなに長くても15~20分程度にして休息の時間を作ることをオススメします。
その日のその時間に20分待機してお客様が入ってこない状態を、さらに続けてお客様の入室がある可能性は低いです。

待機をする前は、「この待機で入室してもらうんだ」という気合を心の中に、待機が始まったら話しかけてもいいよオーラをまといましょう。

これは文字で説明しにくくて、とにかくいろんな人の待機を見まくってほしいです。始まりはそこからです。そして必ず感想を持ってください。

入りやすい待機像イメージは「機嫌のいい時の自分」です。>>チャットレディは待機中何をするといいのか

 

顔がかわいくても待機するし顔がかわいくなくても売れるのがチャットレディ【話しかけやすいを目指す】

チャットレディの待機姿として大切な容姿を整えるという点についてクリアしているのに、待機が長いと感じる人もやっぱり「話しかけにくい」空気になっていないか見直すことは大事です。

なぜなら、焦り(待機が長い、他の子は繋がってる)、イライラ(何回も待機を覗いてくる、即アダ無言オチが続いた)、不安(いつまで待機が続くのか、このまま繋がらないのではないか)などの空気感は画面を通してバッシバシ伝わってくるからです。

とはいえ、そういう気持ちになるものはしかたないと思います。焦りもイライラも不安もコントロールできるものではないので、私は焦りや不安やイライラはあるものとしてとらえてこういう対策をしています。

 

Q:身なりを整えて得られるものは何?

チャットに繋がる要素は身なりを整える以外にもたくさんありまして、そのいくつかが合わさってチャットに繋がるので「身綺麗にしたら待機時間が減るだろう」という期待は捨てましょう。

身なりを整えることはチャット待機する最低ラインであって確定要素ではありません。だからといって何の準備もなく待機しても繋がることはないでしょう。

つまりここで考えるべきは「自分は身なりを整えてチャットに出ている。きちんと準備ができているんだ」と自信を持つことです。

 

違う視点で同じことを説明します。例えば「かわいい系のメイクを研究してカメラ映りも研究して、お客様の反応を見る」という目標を立てたとします。
日々の待機の目標が「メイクとカメラ映りとお客様の反応の研究」というものですが、結局は「お客様の入室」に繋がる目標になっています。

直接「お客様の入室」を目標にしてしまうと、それが希望通りにならなかったときは落ち込み自信を失う原因になります。

またチャットの接続率には多少「運」も関わってくるし、チャットに繋がる要素はたった一つではないので「容姿を整えたからチャットに繋がるだろう」という考えでは自分が苦しくなります。

そうではなくて、「メイクとカメラ映りとお客様の反応の研究」を目標にするとそのためにやるべき具体的な行動がみえてきます。

行動を具体的にして取りかかるハードルを下げ、小さな前進を積み重ねる。
つまり答えはA:小さな成功体験を重ねて自信を持ち、待機映像から与える印象を良くする。

 

Q:他のチャットレディが稼げるようになった話を聞くと何が得られる?

A:何をやったかの過程を真似ることで自分も同じようにできるんじゃないかなと思うことができます。それが行動力に繋がります。

私のブログが目指していることはまさにそこでして、自分の体験談や気づきを包み隠さず書くことです。
私と同じように「稼げなくてつらいな」とか「待機つらいな」っていう気持ちのチャットレディさんがこのブログを読んでいると思います。

私のブログには万人に通じる答えは書いてないけど「何が元になって、どうしたら、こんな結果になった」「だから今の自分がいます」という基本軸で書いています。

ちなみに私のチャットレディ開始当初の年収が58万。翌年55万。それから変動があり安定し始めた2017年は820万。今年2018年はいろいろ調整しつつですが去年と同じくらいにしたいと思っています。

勿論、これは私じゃなくてもよくて、定期的に発信しているチャットレディさんで、自分と似ているような人を見つけてひたすた真似するといいんじゃないかなと思います。
待機続き時代の私もある方のブログに感化されいつもモチベあげてまして本当に感謝をしています。もうブログを消されてしまったようでここで皆さんに御紹介できないことが残念です。

チャットは個人戦だけど、本当に個人で戦えるほどあまい世界じゃないです。
特に私たち在宅チャットレディは積極的に信頼できる情報を取りにいきましょう。

 

Q:日々の記録や分析で何が得られる?

本来は「誰かに励ましてもらう行為」によって得られるものがあり、それはとても大きいです。

でもチャットのお仕事を在宅でやっている人にいちいち励ましてくれるスタッフさんに私は出会ったことがありませんし、物理的にも不可能でしょう。
家族・友人の励ましを受けるというのも同じくほぼ不可能じゃないでしょうか?

そういう時に役立つのが自分のチャット記録ノートです。これはその時の悩みや行動、愚痴も書いたりしますが、一日一日必ず何か自分を肯定する一言を書きます。書けるなら二言でも三言でもOKです。

それが過去の自分から今の自分への励ましになります。誰よりも頼りになる超おすすめ方法です。
A:過去の自分から励ましを受けることができる。

 

Q:気分を上げるとどうなる?

人が機嫌がいい時、気分があがるとき、そういうときはマイナス思考に陥りにくい時です。

つまり常にご機嫌な状態を作るってことです。

そうすることでネガティブな気持ちを一旦忘れることができます。

例えば、気分が落ちてる時を想像してください。今、苦手な人から本来ならどうでもいいような嫌味を言われると、なんかイライラしませんか?
逆に嬉しいことがあってとても機嫌のいい時に、苦手な人から根拠のない嫌味を言われても「あーはいはい」って感じで、ある程度流せますよね。そういう状態を作るということです。
A:メンタルが安定し前向きに仕事に取り組める。

 

方法はいろいろあると思います。
・音楽を聴く
・子猫の動画をみる
・歌う
・軽い運動をする
・先の楽しみ(旅行や買い物とか)を考える
・チャットが終わった後のご褒美を思い浮かべる

などなど。いろいろありますよね。自分が気分が上がる方法って。

>副業で在宅チャットレディをする場合の気分転換

 

ここまで書いてあることはカナダの心理学者アルバートバンデューラ先生が唱えた自己効力感のお話を元に私が実行しているものです。

 

でも、待機をするためにチャットレディになったわけじゃないんです。

 

そうですね、稼ぐために待機をするんです。そのために何をするんですか?という問いかけに「待機をします」とは答えませんね。

チャット待機をしてお金を稼ぐために何をしますか?答えを見つけましょう。

 

チャットレディとして足りないものを分析した時に待機地獄を抜けました

チャットレディをしていて待機がつらい時もいっぱいあったし、それが原因で辞めたいなと考えたこともありました。でも自分の行動を振り返る習慣を付けたころから意識がかわってきて随分楽になりました。

楽になったから心の余裕ができて、更に自分の行動を分析評価することができるようになったんだと思います。

待機は今でもしますし、長い時は長いです。でもそれを救ってくれる常連さんがいます。アテにすることはないですが、いつもありがとうという感謝の気持ちを持ちつつ、あの時待機をやめていたら今の常連さんとも出会えあなかったんだな、だから続けてきたことは結果的に見てもよかったんだなと思っています。

きっとチャットをしたいけど話しかけられないっていうお客様は多いと思います。

サムネで目を惹いたから待機を覗きにくるわけなので、全く興味を持たれない存在ではないのです。

今回は入室しやすい待機映像を作るためにすることをメインに書いていますが、これらを実行したところでノーメイクのジャージ姿では誰も入ってこないでしょうし、プロフィールが空欄だったら入室するのは賭けですよね。

つまりいろんな要素を作り上げていかないとチャットは成立しません。

それと、チャットを始めて間もないチャットレディさんは、お客様からしてみるとパーティーチャットを覗いたことがほぼないですよね。つまり「どんな子なのかわからない」状態です。
あなたはどんな人かわからない人に声をかけることができますか?
例えば道を尋ねるとき、話しかけにくい人と、話しかけやすい人がいたらできれば後者に聞きたいですよね。

話しかけやすい人になる、そのためには?っていうことを考える方法を今日は書きました。

 

>>カテゴリー:待機

 

まとめ

この世界で稼ぎ続けて生き残っていくためには、接客・サービス業にエンターテイメントの要素を併せ持つ空間、尚且つ匿名で発言ができるネットを介したコミュニケーションで稼いでいくことになるので、そういう世界で遊ぶ人はどういう人なのか、利用する人の欲求は何なのかを考えることがスタートです。

みんな女性に話しかけるのに慣れてるわけじゃないし、信じられないかもしれないけど1年くらい入ろうかどうしようか迷っている「良客」も存在しますよ。

明るい気分、ご機嫌な状態で待機してみてください。そのために、何をすればいいのかは個人で違うと思います。

明るいフリ、ご機嫌なフリは…気弱な人が多めなお客様の入室のハードルが上がってしまいます。

そもそもお金を出して「楽しみたい」ので、「楽しめる」って思えないと入れないんですよ。