チャットレディについての考え

チャットレディは楽しいですか?→回答「 」

  

高収入アルバイトなら【LoveChat】
チャットレディ4年です。
チャットの仕事は楽しいですか?私は楽しさなんか感じないし惰性で続けてます。
もう辞めたいなって思うけどこんなにいいお給料が稼げる仕事ってないですよね。
でも楽しくないことに4年も時間を費やしてます。
このままでいいのかなって焦りもあります。

チャットレディを長年続けてきている人が感じる「いつまで続けるのかなー」っていう漠然とした不安ってありますよね。

私の考えなんだけど、楽しい仕事ってあるのかな?って思います。

好きなことを仕事にって何年も流行ってるけど、好きなものを極めた人の持ってるものに価値があると認めてもらえるからお金が発生するのであって、誰でも今日から好きなことを仕事にしてご飯を食べていけるっていうのはないよねって思います。

チャットレディが楽しいかどうかよりも、チャットレディの仕事の中に楽しさを見つけないとしんどいかなぁというのが私の意見です(´・ω・`)

 

チャットレディで楽しいときもありました

私の考えだけどチャットレディをやってて楽しいときもありました。それはどういう時かというと
・お金が稼げたとき
・常連ができたとき
・覗きがふえたとき
・わかりあえないお客となんとなくわかりあえたとき
・クソ客に当たらなかったとき
・一日中笑って終われたとき

こういう時は現実として
・稼げている(お金がある)
・ノンストレス

だから「楽しい」と感じていたんだろうと思います。

そこに楽しいと感じる理由として、「悩み」や「乗り越えたい壁」が存在したからだと思います。
工夫したり、勉強をしたり、教えてもらうことでクリアできた実感こそが楽しさだったんだろうと思います。

全て過去形なのは、今は楽しいも楽しくないもないんですよね(´・ω・`)

 

チャットレディの楽しい期の次は諦め期がきた

プラスの感情が「楽しかった」と過去形なのは、それ以上にマイナスの感情を感じる時間があったからです。

マイナスの感情は影響が大きいので、そっちに引っ張られてしまいます。例えるなら
・お金が稼げない
・常連が来なくなった
・覗きがつかない
・お客にストレス
・クソ客の次に来た客がクソ客
・一日中短時間チャットでロクな稼ぎにならない

ということがあると、点で見るクセが一瞬出てきちゃって「やってらんないわ、これ」ってなってしまいます。

なので、いいことがあっても、悪いことがあっても感情の起伏を少なくしてた方が楽だなっていう感じ。

とはいえ、頭でそうは考えても、性格の問題ですんなりそうはいかないこともあります。
いろいろ言われるけど、性格の半分以上は遺伝、その他のほとんどは環境、残りのわずかで遺伝・環境以外の因子が関係してくると聞きます。

つまり、ネガティブな性格を改善して楽に生きたいという努力は、意味がないとは言わないけど、もうベースとなる部分は変わらないのかなと思う。

だから私はあきらめるスキルを手に入れて、チャットレディを続ける選択をしています。

楽しさをあきらめる、求めてない、お金しか求めないって感じですね。

もう一度書くけど、個人の性格は遺伝要素で半分以上決まっているので根本は変わりません。だから、落ちたり怒ったり吐き気をもよおしたりなどは今もあります。
でも前よりなくなったかな。

 

チャットレディは仕事なので楽しさより、お金と将来性を求める

チャットレディを続けていくならお金を稼ぐことだけ考えるという結論です。それは寂しいことではないです。

世の中、金の亡者とか金銭至上主義とか守銭奴とかって表現があるけど、チャットレディが求めているものはお金しかないでしょって感じです。
だから、嬉しいとか楽しいって感情はOKだけど、それをモチベーションにしてしまうと落ちた時の落差が激しいです。

人生という長さで見た時の価値観は違う

お金を稼ぐことが全てではない。それは正解だと思います。

人間なので、精神的な充足、欲求を満たす、などなど、生産以外の活動の充実は大切だからです。

でもチャットレディはお金を稼ぐ一つの手段です。楽しいかどうかより、できる限り苦を排除して稼ぎ続けることができるかどうかが大事なんじゃないかなと思います。

そうしてチャットを続けていると、最初は「これ嫌いじゃないな」っていうレベルでもいいので自分の好きが見つかると思う。それが新たなスキルとなり自分の将来に繋がる何かを見つけることになると思ってて、好きを仕事にするきっかけになるんだじゃなでしょうか。

私はそう思うので、「今はしたいことが見つかってないな」っていう焦りとか、悲観を持ってる方も、チャットレディを続けているとそれを乗り越えるときがくると思っています。

関連記事:
>>チャットレディが悩む。稼ぎの基準が分かりません。
>>在宅チャットレディを長く続けて思う将来性

惰性を感じているなら少しの変化を

惰性、つまり漫然と繰り返している状態を抜けるために無理矢理環境を変えたり、大きな変化をつけようとすると、脳が拒否反応を示すので行動に繋がりません。

大きな目標を立てたけど、立てただけで終わった経験とかありませんか?

大きな変化より、小さな一歩が大事です。チャットで嫌いじゃない何かがあれば(もちろん好きな何かでもいいですよ)それをいろんな視点でみて極めていくって感じですね。

 

まとめ

チャットレディに楽しさを求めるよりも、チャットの仕事の中で楽しい何かを見つけた方が精神的には楽です。

精神的に苦しい場所では長くいられないし、チャットという時間をお金だけ得て終わるのは勿体ないと思います。

それなら、楽しさを見つけるより、売り上げを追いかけるほうがいいです。

目の前のことを淡々とこなして、時々全体を俯瞰してみて、それからまた目の前のことに戻る感じです。

チャットレディは楽しいですか?→「そもそも楽しさを求めてない。けど、日々のできごとに感謝ができる心の余裕は欲しいですね」